だんじり庫

敷地の西端に位置する白壁が美しい外観の「だんじり庫」浜屋敷では、いつでもみなさんが「地車」を見る事ができるよう「だんじり庫」を設けています。
毎年、吹田まつりの時に曳行される「地車」6台のうち1台を各自治体の協力の元入れ替えをしています。(金田町のだんじりは、高さがJRのガードを越えられないので「吹田まつり」に参加できず、浜屋敷でも展示できません)

現在は神境町だんじりを展示しています。

吹田のだんじり

吹田に残る「地車」は建造年代や制作にあたった大工、彫り物師の名が書かれた棟札や墨書があること、また、建造時の姿や部材がかなり残っていることが高く評価されています。
しかも、江戸時代に製作されて現在もそれを曳行出来るものが残されているのは、大阪府下でも珍しいことです。

西奥町、都呂須、六地蔵、神境町、浜の堂、川面町、金田町

吹田に残されている「地車」は現在も曳行出来、この7台は、平成10年9月吹田市有形民俗文化財に指定されました。

西奥町 神境町 浜の堂
川面町 都呂須 六地蔵
金田町    

 

西奥町(にしおくちょう)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天保年間頃 製作

彫師:小松源蔵

いつ製作されたか確定する資料は無いのですが、調査の結果、この地車の一部の材には天保期をさかのぼる古い材が含まれていることが判明し、古い地車の姿を推量することのできる貴重な地車です。

製作にあたった棟梁は不明ですが、墨書によって細工3名の他、彫師として小松源蔵の名があります。

小松源蔵は代々名工を輩出した名門の彫師で吹田とは関わりが深い彫師です。

彫刻は、牡丹に唐獅子、龍など他の地車に類するものですが、中でも松竹梅に鶴亀、翁媼を配した三枚板の彫刻や一木から掘り出した花頭口(花弁を模した上部が曲線の窓)は圧巻で、当時の高い工芸技術を知ることができます。

 

 

神境町(しんけいちょう)

天保13年(1842年)製作

大工:田原喜右衛門・太兵衛 彫師:小松源助勝美 他

小松源助勝美は小松一門の初代源蔵の別名といわれ小松一門が吹田の地車製作に大きく関与していました。

この地車の彫り物は牡丹に唐獅子が主体ですが、見送り部(後方)に宇治川の先陣争い、佐々木高綱、梶原景季、畠山重忠の武者像、といった新しい題材が用いられています。

市内の地車の中では台座の丈がもっとも高いにかかわらず、下層部の高さが一番低いという特徴があり安定した外観を呈しています。

尚、現在の飾金具類は、昭和36年の大修理の際、付け加えられたものです。

 

浜の堂(はまんど)

天保年間頃 製作

彫師:小松源蔵 ともいわれる

浜の堂地車は、正面の欄干部を手摺とせず、「富士の巻狩」を題材に採る彫刻をはめ、脇障子は側柱が欄干の柱を兼ねる仕様に造られ、棟端の鬼板を獅子面とせず「濱」の字を彫り込む獅子口にするなど市内の他の地車に無い斬新な意匠がみられます。

部材は細く対照的に彫刻は大きく彫り上げたものが多いという構成をとりますが、上層部は丈を高くし装飾を抑えて簡素にまとめ下層部では縁を支える肘木を多用することなど、全体に建築的な構成をはっきり見せる造りとなっています。

彫り物に主体を移す傾向がみられる地車にあって、浜の堂だんじりは、あえて建築に主体をおく古風さを意識して建造されたとみられます。

 

川面町(かわづらちょう) 

川面だんじり

嘉永7年(1854年)製作

大工:並河長兵衛兼廣

この地車には、製作年の棟札が残り、同時に金田町地車も手がけていた吹田の大工、並河長兵衛兼廣によって建造されたことが知られます。

台座に彫刻を施し中央通柱に加え、後部通柱にも彫り物をいれる脇障子を構え二対とするなど、市内では例がない独自の意匠がみられます。

又、棟端につく三面の鬼板のうち前屋根は獅子面としているが、後屋根を波濤と向き合う竜の彫り物としていて、市内では数少ない手法が用いられています。

細かい彫り物を、随所に配するなど、建築的形態から彫刻が前面に出て、工芸化に向かう地車建造の様子を良く伝える作品です。

 

都呂須(とろす)

都呂須だんじり

天保6年(1835年)製作

大工:彦兵衛
彫師:花岡良造
飾師:富永伊兵衛

現存する地車の中で、府下で最古(天保5年製作)交野市の地車に次いで2番目に古い貴重な地車です。

市内の地車の中では一番背が高く、幅が狭いため、台座の一部を削って車輪の間隔を拡げ、重心の安定をはかる工夫が見られます。

前面柱前には、童形の力士像を一対配置する他、見送り部(後方)をはじめとして、牡丹に唐獅子の彫刻で埋め尽くされ、兎、猪、猿、鹿などの動物も彫られています。

打ち出し技法による繊細な竜文の飾金具を用いるなど、豪華な手法が各所に見られます。

 

 

六地蔵(ろくじぞう)

SONY DSC

天保10年(1839年)製作

大工:木村茂右衛門・茂兵衛

彫師:森上弥兵衛

製作以来、高浜神社の祭礼や奉祝行事に際して曳行され市民に親しまれている地車で、大工の木村茂右衛門は、吹田村六地蔵の人です。

柱には昇竜の彫刻を付け三枚板は中国の物語(三国志)を題材にした人物像、各所に牡丹、唐獅子、花鳥草木、を配するなど、全体を装飾化する傾向がみられます。

前と後の懸魚(屋根下中央飾り板)の植物と麒麟の彫物は独特です。

地元で製作され、現在まで建造当時の状態をよく止めていて、天保期の在地型地車の典型として、貴重なものです。

(吹田市教育委員会の資料参照)

 

金田町(かねでんちょう)

kaneden

嘉永7年(1854年) 製作

大工:並河長兵衛
彫師:相野一門

2年に1度しか曳行されない小ぶりの地車ですが、棟端の三面の鬼板のうち前屋根には、性別を示すような角の有る鬼と角の無い鬼とし、後屋根は全く異なった谷を昇る中国の人物像とする珍しい鬼板が用いられています。

又、龍が描かれた鏡天井(一枚板天井)など独特の手法が見られます。

 

浜屋敷から出庫するだんじりや吹田まつりでの曳行の様子を動画でご覧ください。

 

吹田まつりとだんじり2009年撮影・編集