浜屋敷は今年で15周年!記念イベントを紹介します。 

 

2018年6月 吹田歴史文化まちづくりセンター 浜屋敷は開館15周年を迎えます。

日ごろの感謝を込めて、今年度は様々なイベントを下記日程にて実施する予定です。
イベント詳細については随時更新していきますので、気になるイベントは各ページをチェックしてみてください。

 

浜屋敷 ポスター展
日時:5月22日(火)~5月27日(日)10:00~17:00
浜屋敷主催のイベントポスター過去5年間分をギャラリーに全て展示します。5年間の軌跡をご覧ください。


浜屋敷 薪能
日時:6月10日(日) 18:00~20:00
舞囃子「船弁慶(前)」半能「船弁慶(後)」の他に、舞囃子「菊慈童」狂言「蟹山伏」など、浜屋敷開館当初から行っている「能楽囃子の世界」「狂言公演」の豪華出演陣でお送りします。かがり火の灯った浜屋敷の庭で雄大な能をご堪能ください。


15周年記念講座「日本の色(仮)」
日時:7月8日(日) 14:00~15:30
紫紅社時代の出版活動、美術展覧会の企画の他、天平の時代の色彩をすべて植物染料によって再現するなど、多岐にわたる活動を行ってきた日本の伝統色における第一人者である吉岡幸雄さんに「日本の色」についてお話していただきます。


浜屋敷 里帰り名品展
日時:11月18日(日)~11月25日(日) 10:00~16:00
現在、吹田市立博物館に所蔵されている気比家の名品たちが2008年以来、久々に浜屋敷に帰ってきます。江戸時代末期の名品たちから吹田の文化の礎を感じてください。


歴文寄席(仮)
日時:11月24日(土) 14:00~

浜屋敷から巣立った芸術家、音楽家は数知れず…。いずれは「関西メディアで見ない日はない!」と言われる予定の噺家桂小留さんの落語会。豪華ゲストを招いてお送りします。


クラシックコンサート(仮)
日時:11月25日(日) 14:00~
吹田が生んだ俊英「貴志康一」とその師匠であるドイツの巨匠「パウル・ヒンデミット」の作品を中心に、その他、有名クラシック音楽を魅惑の弦楽四重奏でお楽しみください。


6月9日(土)は記念式典のためご見学はできません。