伝統工芸&手づくり市 パート2

10月14-15日「伝統工芸&手づくり市」が開催されました。

2日目は前日からの祈りも届かず、雨模様の中、開催されました。
主屋の中では伝統的工芸品制作体験として、今年も「大阪唐木指物協同組合」「大阪宗教用具商工協同組合」「大阪泉州桐箪笥製造協同組合」「大阪欄間工芸協同組合」の皆様が参加してくださいました。どのい体験も毎年大変人気です。
  

ギャラリー兼音楽室と、その前では今年で4回目となる「東日本大震災復興支援」ブースが作られ、被災地の物産展や、学生によるパネルの展示が行われました。おのくん(詳しくは名前をクリック)の里親探しにも少しはお役に立てたのではないでしょうか。

  

雨がパラパラ続く中、東庭ステージでパフォーマンスをしてくれたのは関西大学大道芸ジャグリングサークル「ジャグりま専科!?」の皆さん。雨で手元が滑りやすいのにも関わらず、ジャグリングや中国ゴマ、けん玉を披露してくれました。
そして雨が本格的になってきたころ、昨年もご出演していただいた「芸能the新志」の皆さんに無理をお願いしてステージ演奏を行ってもらいました。吹田音頭や沖縄の民謡などを聴いているうちに、自然と体が揺れてきて、ふと周りを見ると皆様も同じ様子でした。一緒に演奏を聴いているお客様の優しさも感じることができた一幕でした。
最後の抽選会も2日間とも行い、全ての景品を皆様に渡すことができました。そろそろ新しい目玉景品を考えてもいいかも!?ご意見お待ちしています。

   

今回は悪天候の中、出店、出演、ボランティアなどで関わってくださった皆様、実際に足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました。これからは、今よりもさらに気軽に遊びに来られるように、種々改善してまいりますので、またのご参加お待ちしております。