花だより番外編 vol.2

浜屋敷では、四季折々、いろんな花が見られます。そんな花を紹介している花だより。
ですが、なかには紙面に収まり切らず載せられなかったものもあります。惜しくも掲載出来なかった花を、ここでいくつかご紹介したいと思います。

彼岸花

・場所  だんじり庫裏、駐車場・駐輪場
・通常の草花とは逆の生態をもち、花が咲いた後に葉が伸びてきます。また、曼珠沙華(マンジュシャゲ)をはじめ、「狐花」「蛇花」「幽霊花」など、多くの別名が付けられています。



・場所  果樹園
・「桃栗三年柿八年」ということわざがあるように、実を付けるようになるまでに時間がかかる果樹です。

老爺柿(ロウヤガキ)

・場所  果樹園
・渋柿のため、食用には向いていませんが、盆栽や庭木としてはよく用いられています。日本へは、第二次世界大戦中に京都府立植物園初代園長であった、菊地秋雄が持ち帰ったとされています。

アベリア

・場所 駐車場
・春から秋に渡って、小さい花をたくさん咲かせます。公園などの生け垣によく使われます。

 

【参考URL】
Wikipedia (アクセス日2018.9.24)
彼岸花  https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒガンバナ
柿    https://ja.wikipedia.org/wiki/カキノキ
老爺柿  https://ja.wikipedia.org/wiki/ロウヤガキ
アベリア https://ja.wikipedia.org/wiki/アベリア